▲TOP  > 競技力向上  > トレーニング  > ウエイトトレーニング他  > ストレッチ
 
 
 
  自転車競技選手が練習で経験する運動の範囲は限られているため、柔軟性の発達が不十分になるというのはよくある傾向です。柔軟性とは、身体の関節周辺における運動の範囲であると言えます。競技者に柔軟性が欠けていると、内在的障害や過度の使用による障害の原因、および、筋肉の緊張による不快感の原因にもなり得ます。さらに、柔軟性の欠如により、ペダル全体に効率的にエネルギーを伝える競技者の能力が制限されてしまいます。
 柔軟性は系統だったストレッチング・プログラムによって向上させることができます。ストレッチが筋、腱、靭帯の長さやしなやかさに影響を及ぼし、関節周囲の動きをよくします。

1.W-up、C-down時のストレッチ
2.乗車中のストレッチ
 
     
       
     
       
 
スポーツ生理学スポーツバイオメカニクススポーツ栄養学.スポーツ心理学  
スポーツ文化スポーツ医学プライバシーポリシーサイトマップ COPYRIGHT(C) JKA NKG Lab, All Rights Reserved.