▲TOP  > ニュース一覧  > 資料室情報:「サイクリング解剖学」出版
 
 
 
 
資料室情報:「サイクリング解剖学」出版 2011年06月25日
自転車競技者のための筋トレ本が出版された。自転車競技者のための筋力トレーニングのエクササイズと、コーナリング、登り坂、下り坂、スプリントに関係しているライディング時の活動筋を、豊富なイラストで解説。各エクササイズが、サイクリング・パフォーマンスにどのように緊密に関連しているのかを理解できるこれまでにない筋トレ実用書。

「サイクリング解剖学」シャノン・ソヴンダル/著 田畑昭秀・増田恵美子/訳

訳者のコメント
「この本はロードレースを基本に書かれていますが、負荷を変えれば、トラック競技者にも有用な内容の本です。ロードレースは自転車競技の基本的な動作を全て含んでいるので、トラック競技の他、MTB・BMX競技者にも効果的なトレーニング種目がたくさん取り上げられています。本格的なウエイトトレーニングは高校生ぐらいから取り組まれるのが良いと思いますが、中学生以下の方でもバランスボールを使ったもの、自分の体重だけを使ったトレーニングが掲載されていますので、こちらを参考にしていただければと思います。実施する際には、必ず、自転車に乗っているイメージ、また自転車で使う筋肉を意識しながらトレーニングすることが重要です。」
関連リンク
 
TOPへ戻る
 
     
 
スポーツ生理学スポーツバイオメカニクススポーツ栄養学.スポーツ心理学  
スポーツ文化スポーツ医学プライバシーポリシーサイトマップ COPYRIGHT(C) JAPAN CYCLE SPORTS CENTER, All Rights Reserved.