▲TOP  > 資料室  > スポーツバイオメカニクス  > 6.【屋外走行の負荷を自転車を自転車エルゴメータ負荷(kp)に換算する方法】
  6.【屋外走行の負荷を自転車エルゴメータ負荷(kp)に換算する方法】  
     
   雨などで屋外練習が困難な場合はパワーマックスなどの自転車エルゴメータを用いて練習することが多いと思います。ここでは、あるギア比を用いてある速度で走った場合の負荷が、自転車エルゴメータの何kpに相当するかを計算する方法を紹介します。この計算方法を修得すれば、屋外で練習しようと思っていた内容をパワーマックスなどを用いて行うことができます。

 パワーマックスなどの自転車エルゴメータの負荷はすべてkp(ケーピー)という単位で統一されています。自転車エルゴメータの負荷は以下の式で計算できます。この式は気温20℃、気圧760mmHg、無風の環境で、平地を一定速度で走行した場合です。

 
 
自転車エルゴメータの負荷(kp)=( A + B × V2 )× S × G  ・・・(1)

但し
A=0.0007017×(体重+自転車重量)   [体重と自転車重量の単位はkg]
B=0.00001273×体重0.425×身長0.725  [身長の単位はcm]
V=自転車の走行速度(m/秒)
S=タイヤの周長(m)
G=ギア比
 
     
  AとBは選手ごとにほぼ一定なのであらかじめ計算しておきましょう。Sは約2.1mですが、実測する場合は、自転車に乗った状態で路面に引いた直線に沿ってタイヤをゆっくり3回転させ、3回転で進んだ距離を3で割って求めましょう。自転車の重量は約9kgですが、実測する場合は自転車を担いで体重計に乗り、その重量から自分の体重を引いて求めます。
 身長175cm、体重70kg、自転車重量9kg、タイヤ周長2.1m、速度18m/秒、ギア比3.27の場合、負荷は7.7kpになります。
 ペダル回転数は次式で求めることができます。
 
 
ペダル回転数(rpm)= V × 60 / S / G ・・・(2)
例えば、上の条件ではペダル回転数は157rpmになります。パワーは負荷と回転数から計算できます。

パワー(W)= 負荷(kp) × ペダル回転数(rpm) × 0.98 ・・・(3)
上の条件では1185Wになります。
 
     
       
   
       
 
スポーツ生理学スポーツバイオメカニクススポーツ栄養学.スポーツ心理学  
スポーツ文化スポーツ医学プライバシーポリシーサイトマップ COPYRIGHT(C) JKA NKG Lab, All Rights Reserved.